冷たいタオル「Speed Cooler」
「Speed Cooler(CCTタオル)」は、化学物質を一切使わず、水だけで生地が冷たくなる、安全で安心してご利用いただける新しタイプの冷感タオルです。 一瞬で冷たくなり、冷たさが持続します。冷たさがなくなっても、何度でも冷たさが復活します。 TV通販やネットショッピングで話題のCCTタオル「Speed Cooler」をぜひお試しください。
冷たいタオル「Speed Cooler」

クーリングクロス(CCTタオル)の開発元であるアメリカでは、累計販売枚数が10万枚を突破。大手のマーケットやスポーツ用品量販店はもちろん、TVショッピングや各種通販でも販売されており、今もなお販売数を伸ばしています。 「Speed Cooler」は、アメリカのCCTが開発したクーリングクロスを素材とした、新しいタイプの冷感タオルです。
お子さまでも安心のやさしい素材

「Speed Cooler」は、化学物質を一切使わず、水だけで冷たくなる世界初の冷感生地「クーリングクロス」を100%使用しています。また、より安心してお使いいただけるよう生地の縫製やパッケージの生産や封入をすべて国内で行っております。 また、やわらかくソフトな肌触りで、繰り返し使ってもごわつかないので、小さなお子さまでも安心してお使いいただけます。
「Speed Cooler」が冷たいワケ
「Speed Cooler(CCTタオル)」は、アメリカのCCTが開発した特殊な生地“クーリングクロス”を使用しています。水分を含んだクーリングクロスは、衝撃を与えることで冷感作用が作動します。
冷たいタオル「Speed Cooler」

「Speed Cooler(CCTタオル)」の生地は、水分を含ませると生地裏側の吸水層(水分を吸収しやすい表面積の大きい糸)に水分が吸収されます。吸収された水分は保水層(保水性の高い中空の糸)に移動し、生地を広げて"パンッ"と刺激を与えることで、保水層の水分が振動により吸水層と蒸発層に移動し、蒸発冷却することで生地の温度を下げます。
水だけで冷感効果 保水効果が持続
衝撃で再び冷感効果 洗濯機の使用が可能
吸水ポリマー不使用 化学物質不使用
冷感効果を実証

「Speed Cooler」に使用している、クールコンフォートテクノロジーズのクーリングクロス。 冷感効果と生地の秘密を動画で体感できます。 冷感作動の方法も合わせてご覧いただけます。
冷たさ長持ち、使い方は簡単
「Speed Cooler(CCTタオル)」の生地は、冷感効果が長持ちする特殊な構造になっています。 使い方も簡単なのでいつでも手軽にお使いいただけます。 さらに、冷感効果が薄れてきても、何度も繰り返し冷感効果を復活できます。
誰でも簡単、
3ステップで瞬間冷却


「Speed Cooler(CCTタオル)」の使用方法は、とても簡単です。凍らせたり、氷や電気も不要です。また、洗濯機での洗濯が可能なので、衛生的です。さらに何度でも繰り返し使えて経済的です。

驚くほど持続する冷感効果

CCTと綿タオルの実験:周囲温度24℃

1番
OCT
水分あり
2番
OCT
水分あり
3番
OCT
乾燥
4番
OCT
乾燥
午前 9:00:00 タオルを40.5℃のお湯に浸す 40.6 40.6 40.6 40.6
絞る - - - -
午前 9:00:30 “パン”と開く - - - -
午前 9:01:00 30秒後の温度 36.1 30.0 38.3 36.1
午前 9:02:00 ※2番と4番を冷凍庫へ 冷凍庫温度-6℃ 23.3 20.6 30.0 29.4
午前 9:05:00 新しい温度:2分後 14.4 -1.7 25.0 11.1
午前 9:30:00 新しい温度:5分後 13.9 -6.1 20.0 2.8
午前 10:00:00 新しい温度:30分後 14.4 -5.6 22.2 -3.3
午前 10:00:00 新しい温度:1時間後 14.4 -6.1 21.1 -5.6
午前 10:15:00 2番と4番を冷凍庫から出す -6.1 -5.6
午前 10:30:00 新しい温度:1時15分間後 15.6 -2.8 23.3 -0.6
午前 11:00:00 新しい温度:1時30分間後 15.0 3.3 23.9 23.9
午後 12:00:00 新しい温度:2時間後 15.6 10.6 22.8 21.7
午後 12:05:00 新しい温度:3時間後 18.3 16.7 23.9 23.9
午後 1:00:00 再び“パン”と開く 15.0 14.4 22.8 22.8
午後 1:05:00 新しい温度:4時間後 16.7 16.7 23.9 24.4

通常状態でタオルの温度を測定すると、クールコンフォートテクノロジーズタオルは、100%綿タオルに比べて、低い温度を保っていることが分かります。注目すべきは、100%綿タオルは、室温とほぼ同時に温度が戻ったが、クールコンフォートテクノロジーズタオルは室温より低い温度を保ち、冷感効果が持続していることが分かります。

【検証条件】 タオル4枚(38px63p):クールコンフォートテクノロジーズ、100%綿、各2枚。 周囲温度は実験期間中(3日)24℃、冷凍庫温度は-21℃に設定 4枚のタオルが40.5℃に上昇してから実験開始。 タオルをお湯から取り出し、絞り、5回“パン”と開きました。

ご利用にあたって

用途に合わせて選べる4種類
商品名または画像をクリックすると各商品ページへジャンプします。